インプラント 八王子|意外と古いインプラント技術

インプラントというと私が真っ先に思い浮かべるのは抜けてしまった歯の代わりにあご骨に埋め混む人工歯です。八王子でも受けれますね。でも、本来は身体の中に埋め込む器具全体のことを指すのですね。たとえば骨折治療に使われるボルトや心臓のペースメーカーに人工内耳など。流石にそれが八王子では難しいですかね。驚いたのは豊胸手術で使われるシリコンバッグや食塩水バッグもインプラントだそうです。インプラントすなわちデンタルインプラントと思っていたので、新しい技術だと思いこんでいましたが、すでに半世紀以上の歴史があるのだとか。埋め込み式ペースメーカーが開発され、人工内耳の本格的な研究開発がされるようになったのが1960年代、豊胸手術に使われるシリコンバックの販売が始まったのも同じころだそうですよ。


フロアコーティング 東京

シンクタンク 競馬

マスターズ 競馬

ヒューマントラスト

ヒューマントラスト